研究テーマ

 人々の生活が豊かになる未来社会をにらみ、人・産業・自然と調和するICTや、次世代のサステイナブル社会に貢献する研究です。
例えば、
 ①AIロボットの自動運転モデルを使った基礎技術の研究
 ②3Dデザインをクラウドシェアするモノづくりの探求
 ④サステナブル社会にむけたイノベーションの提案
などが主なテーマです。
人に優しいシステムを考えましょう。

人々の生活が豊かになる社会。そんな社会の実現に役に立つICTシステムの研究・開発・提案を大きなテーマとして、先進的なICTによる情報化社会の進展に貢献する研究を行なっています。
人々の生活を豊かにするICTシステム、社会に役立つICTシステムの実現をめざして、人々の日常生活、企業の成長を担う経営、自然環境の維持・保全などの側面から、様々な社会現象、心理現象の中で起こる現実的な課題事象をICT:Information Communication Technology=情報通信技術を活用することによってその解決策を見出す研究です。

IoTによって幅広く活用されるセンサ技術、人類へのサポートが期待されるロボットはもちろんのこと、これらを構成する基礎技術を捉えて、現実社会に新たな応用を促し、従来のシステムを凌駕する新しいイノベーティブなICTシステムの創造と有効性を示す研究です。

【主要な研究概要】

①モビリティオートマチック*Mobility Automatic
<自動運転を社会で活用させるための研究>
小型コンピュータと簡易プログラム言語を用いたシミュレーションモデルカーの製作を通して、自動運転制御、自動車情報通信、テレマティクス技術、IoTインフラの基礎研究を行ないます。STEM分野の教育領域をカバーし、モデルとなるSTEM教材を活用して自動運転技術の応用について新たな提案をします。

②パーソナルファブリケーション*Personal Fabrication
<ICT/IoTによる新しいモノづくりの研究>
3Dデザインソフトウェアによるモデル設計からモノづくりまでのプロセスを修得し、3D設計情報のデータベース活用、3Dモデル製作を通して、新たなモノづくりシステムを実証します。
クラウドで共有されるオープンな3D設計データベースを活用してパーソナルユースにおけるモノづくりの新しいスタイルを提案します。

③ビジネスイノベーション*Business Innovation
<社会の課題解決に貢献する情報システムの研究>
企業や組織のチームワークにおける課題を整理し、その課題解決に役立つ情報システムを調査研究して、組織ワークに適した情報共有システムを提案します。


卒研入門:エントリー(3年生)
説明会での情報と補足

卒研入門 研修室紹介(2min)

説明会のときに伝えきれていない部分の補足です。ご覧ください