3Dプリンタ

 研究室では3Dプリンタに「UP」を使っています。比較的小規模なサイズの3Dプリンタで、PCとUSBで接続でき使いやすい構造になっています。高品質な出力とは言えませんが、簡単な入門造形物の出力は可能です。プリントの密度、ノズルの高さ、ベットの水平度等を上下左右に調整する極めて原始的な3Dプリンタです。
 この3Dプリンタは、中空などの構造部分を支えるために、サポート材(バリ)も同時に計算処理してプリントします。このサポート材(バリ)は、手で外せます。ナイフやペンチがあれば、より簡単に外すことが出来ます。
 だいぶ古くなってきたので、制御ソフトウェアの更新、部品の供給が心配です。(^_^;)