すべてのモノにタグがつく

世の中にあるモノ全てにICタグをつけたアイデア例を挙げてみます。

・「ゴミ」にICタグをつける。
パッケージやペットボトルにICタグがつけば自動分別の仕組みができそうですね。大型ゴミの違法廃棄/投棄のトレースチェックもできます。

・自分のものに、自分のIDをICタグとして記録する
買ったモノにIDを記録。そのモノを見失った時にもすぐに探せます。電車に置き忘れても、忘れ物カゴに放り込まれたタイミングでメールで連絡します。

・名刺にICタグがつく。
本人の情報をデジタルIDから取得します。名刺の本人とのコミュケーション記録に使います。

・お金(札)にICタグをつける。
計算違い、おつりの間違いがなくなる。財布に入れたときに財布内に有る現金の金額が表示される。
でも・・・電子マネー/ICカード時代になると現金が無くなるかな?

・人間にICタグを埋め込む。
アリバイ証明。コンサートチケットなどをなくしても他人に使われることがなくなる。病院での本人確認、バイタル情報の記録に使えるね。(本人証明)

これらは、実現するかどうかは、今後、具体的な研究を繰り返し行う事になりそうです・・・・。